2009年11月28日

真はた

mahata.jpg 真はた

200911261929000.jpg  mahata2.jpg

透明感のある白身で締まっていて硬い。
薄造りなどにしてうまいのは、このため。
また粗(あら)などからうまいだしが出るので、汁物にも向いている。
焼く、煮るなどもうまい。
内臓では食道、キモなどはこれも湯引きにして添える。
これを中骨などのアラ、昆布、酒、塩で仕立てた出汁でしゃぶしゃぶするのだ。
これなら刺身も鍋も同時に楽しめる。
刺身を楽しんだ後の粗(あら)を薄味でたく。
これを「あらだき」というが味は抜群である。

じねん某では
造り、しゃぶしゃぶ、かま焼きを食した
造りは旨みが充分で美味、皮の湯引きは燗酒にピッタリ
しゃぶしゃぶは皮目が最高
焼き物は肉質が硬くなりがちで
鶏肉を食べている様。
やはり「あらだき」に限るねぇ。


熱燗で温まって来ました。

満足わーい(嬉しい顔)






posted by mitsuru at 12:24| 宮城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。